読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フムスとターキーのwrap‥にならなくてケサディーヤ。

オースティンは朝型の街だと思う。だいたいお店も9時には開くし、6時台から走ってる人もよく見かける。代わりに一部のバーを除いてレストランは21時に閉まるところも多い。東京にいた時は深夜まで仕事してそこから飲みにいくのが普通の生活してまきたが、こっちにきてからすっきり私も朝型になりました。そもそも長くて40度超えるほどの夏は午後になると暑すぎて車乗る気にもならないしプールに入る以外できることがないので必然的に午前中に動くことになります笑。

 

という長い前置きですが本日久々に寝坊しました涙。朝からピラティス行こうと思ってたのに起きたら10時涙。あーあ。必然的に夜寝るのも早いのでなんでこんなに寝ちゃったのか自分でも謎‥。

 

気を取り直そうととりあえず朝ごはん。

最近お気に入りのMitad y mitadのトルティーヤにフムスとターキー、チーズ、ほうれん草を挟んでケサディーヤにしました。

f:id:junomiu:20160613013017j:image

フムスとターキーのケサディーヤ

  1. フライパンでトルティーヤを入れて、チーズをのせてとろけるまで弱火で温めてる。
  2. さらにほうれん草と、ターキーブレストを2枚のせて、その上にフムスを塗る。
  3. 半分におって出来上がり。

 

本当はwrapが作りたかったのに具沢山すぎたのか、不器用すぎるのか、巻けずにケサディーヤになってしまった‥。作りたかったのはこんな形。要研究。

f:id:junomiu:20160613013310j:image

しかしこういうTex-Mexの食べ物ってタコス、ケサディーヤ、トスターダ、エンチラーダ、 ファヒータなどあるけど、全てトルティーヤの調理法(揚げてるor温めてる)と巻き方(巻くか、はさむか、包むか、そのままか)の違いしかないなと思うのは私だけでしょうか‥。

 

フムスの話

フムスが大好きです。アラブ系移民の多いイギリスではけっこうポピュラーな食べ物だったのですが、日本ではほとんど見かけなかったので自分でひよこ豆から作ってました。

こっち来て嬉しかったのはお店で売ってるフムスの種類が豊富で美味しいこと!これなら自分で作る必要なんてない。

今回使ったのはHopeというコロラドのフムス。セールになってたから初めて買ってみたけど、クミンの味がきいててとても好みでした。$3くらいだったかな。

f:id:junomiu:20160613014655j:image

冷蔵庫にフムスとチーズとサルサは欠かしたことがないです笑。小腹が空いた時や急なゲストでご飯作ってる間とかトルティーヤチップスと一緒に出すにも便利。

こっちのお友達の家にもだいたいトルティーヤチップスとサルサは常備されてるくらいテキサスの定番です。